メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内政治

「忖度は危険」官僚よ、杉原千畝に学べ

杉原千畝=岐阜県八百津町提供

 今年は、官僚が首相官邸の思惑を推し量ったとされる森友・加計学園問題に端を発し、「忖度(そんたく)」という言葉が注目され、「新語・流行語大賞」にも選ばれた。一方で、第二次世界大戦中の日本政府の方針に反し、ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給し、脱出を助けた岐阜出身の外交官、杉原千畝(ちうね)の功績が関心を集めた。国家の論理を超える個人の良心は持ち続けるべきなのか。2人の元官僚に聞いた。

 「忖度には、自分の考えがない。ファシズムに向かう危険性をはらむ」。こう話す文部科学省の前事務次官、前川喜平さん(62)は、加計学園の獣医学部新設計画を巡り、「総理のご意向」とする文書の存在を退官後に証言した。座右の銘は「面従腹背」で、忖度の対語だという。「官僚が政府の方針に従うことは当然だが、個人としての良心と責任感を持っていなければおかしい。理想と現実の矛盾を抱える強じんさを持ってほしい」と訴える。

 例えば2007年に導入が決まった教員免許更新制度。一部政治家は教員の政治活動を封じることを目的とした。だが政治活動はもともと制限され、違反者は処分される。文科省は指示に従う形をとり、教員が勉強し直す制度に仕立て、方向を変えたという。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです