メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救命講習会

蘇生法、手話通訳で学ぶ 人工呼吸など体験 聴覚障害者対象 名張 /三重

 名張市は23日、聴覚障害者を対象にした救命講習会を市防災センター(鴻之台1)で開き、市内在住・在勤の8人が手話通訳や筆談、要約筆記を介して心肺蘇生法や止血法などを学んだ。

 6月に制定された「手話その他コミュニケーション条例」を受けた取り組み。4年前に市聴覚障害者協会の要望で応急手当て講習会を開いたことはあるが、聴覚障害者を公募して救命講習会を開いたのは初めて。

 心肺蘇生法では、人形を相手に胸骨圧迫や人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)の使用を体験。手話通訳…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです