メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

クリスマス 内戦下、夢語る子供たち

 内戦が続くシリアでは、戦闘に巻き込まれて命を落とす子供たちが後を絶たない。国連児童基金(ユニセフ)によると、2016年には少なくとも652人の子供が犠牲になり、そのうち255人は校内や学校近くで死亡したという。アサド政権と反体制派の戦闘が続く首都ダマスカスでは危険と隣り合わせの日常の中、戦闘終結を願いながら懸命に学び、談笑する子供たちの姿があった。

 ダマスカス西部のバクリ・カドラ小学校に通うウィサム・アスファハニ君(11)は11年、戦闘が激化した…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです