メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「感謝の会」のもう一つの意味

 末期がんを知らされたコマツの元社長、安崎暁さん(80)が今月11日、東京都内のホテルで「感謝の会」を開いた。「元気なうちに気持ちを伝えておきたかった」という。多くのメディアが取材した。

 約1000人が集まった会場には、家族や大学時代の弓道部の仲間たちと一緒の、そして入社後世界を飛び回っている時の、写真パネルが展示されていたという。故郷の徳島から名人を呼び寄せて、阿波踊りも披露された。まさに本人のいう「しめっぽくない」「生前告別式のような」会だった。

 がんを知らされたのが10月。翌11月に新聞広告で会の開催を告知した。即決である。放射線も抗がん剤も…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです