メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

緊急避妊薬、当事者抜き議論

日本では11年に承認された緊急避妊薬。欧米に限らずアジアやアフリカでも医師の診察なしで薬局で入手できる国は多い

 緊急避妊薬は現在、医師の処方箋がないと薬局で入手できない。市販用への転用(スイッチOTC化)について議論する厚生労働省の会議では、要望を受けて今年議論されたが、医師や薬剤師の委員から時期尚早などと否定的な意見が相次いだ。性被害の支援や医療の現場からは、「当事者のことを考えていない」と批判の声が上がっている。

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです