メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

全日本選手権 宇野、前向く平昌切符 田中、羽生、坂本決定

連覇を果たし、五輪代表が決定した宇野の演技=佐々木順一撮影

 平昌五輪に臨むフィギュアスケートの精鋭が決まった。東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで24日に終了した全日本選手権の競技後に五輪代表が発表され、男子は昨季世界選手権、今季グランプリ(GP)ファイナルとも2位など世界でも実績を積み上げてきた宇野昌磨(トヨタ自動車)、着実に成長してきた田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、66年ぶりの五輪連覇を狙う羽生結弦(ANA)の顔ぶれ。女子は世界選手権銀メダルの実績もある宮原知子(関大)、今季からシニアに本格参戦し飛躍した坂本花織(シスメックス)が選ばれた。

 ペアは須崎海羽(みう)、木原龍一組(木下グループ)、アイスダンスも村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下グループ)の全日本選手権優勝カップルが代表となった。

この記事は有料記事です。

残り2580文字(全文2908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです