メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

野菜の「発見」を届けたい 大阪・能勢町

 「あっ、二股が取れました」。大阪府能勢町で農業を営む植田歩(あゆむ)さん(34)が葉っぱの根元をつかんで引き抜くと、二股になったニンジンが顔を出した。共同出荷の場合は規格外だが、個人出荷なので問題ない。「子どもたちには二股の方が喜ばれるんですよ」と笑顔で話す。

 「大阪のてっぺん」と呼ばれる、大阪府最北部の能勢町。植田さんは週1回、収穫したばかりの野菜4~6種類を「わくわく野菜定期便」(1200円)としてお客さんに届ける。配達は週2回で、延べ約80件。新規申し込みはキャンセル待ちの状態だ。

 「誰もが遊びに来られるように」との願いを込めて「べじたぶるぱーく」と名付け、農園を経営。取れたての野菜の味わい、二股だったり、小さめだったり、野菜の形の面白さ、農業のやりがいや楽しさ、畑で感じる四季の移ろい、全ての発見を、野菜とともに、お客さんの元へ届ける「野菜発見」がスローガンだ。

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです