メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

野菜の「発見」を届けたい 大阪・能勢町

 「あっ、二股が取れました」。大阪府能勢町で農業を営む植田歩(あゆむ)さん(34)が葉っぱの根元をつかんで引き抜くと、二股になったニンジンが顔を出した。共同出荷の場合は規格外だが、個人出荷なので問題ない。「子どもたちには二股の方が喜ばれるんですよ」と笑顔で話す。

 「大阪のてっぺん」と呼ばれる、大阪府最北部の能勢町。植田さんは週1回、収穫したばかりの野菜4~6種類を「わくわく野菜定期便」(1200円)としてお客さんに届ける。配達は週2回で、延べ約80件。新規申し込みはキャンセル待ちの状態だ。

 「誰もが遊びに来られるように」との願いを込めて「べじたぶるぱーく」と名付け、農園を経営。取れたての…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです