メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

野菜の「発見」を届けたい 大阪・能勢町

 「あっ、二股が取れました」。大阪府能勢町で農業を営む植田歩(あゆむ)さん(34)が葉っぱの根元をつかんで引き抜くと、二股になったニンジンが顔を出した。共同出荷の場合は規格外だが、個人出荷なので問題ない。「子どもたちには二股の方が喜ばれるんですよ」と笑顔で話す。

 「大阪のてっぺん」と呼ばれる、大阪府最北部の能勢町。植田さんは週1回、収穫したばかりの野菜4~6種類を「わくわく野菜定期便」(1200円)としてお客さんに届ける。配達は週2回で、延べ約80件。新規申し込みはキャンセル待ちの状態だ。

 「誰もが遊びに来られるように」との願いを込めて「べじたぶるぱーく」と名付け、農園を経営。取れたての…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです