メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

野菜の「発見」を届けたい 大阪・能勢町

 「あっ、二股が取れました」。大阪府能勢町で農業を営む植田歩(あゆむ)さん(34)が葉っぱの根元をつかんで引き抜くと、二股になったニンジンが顔を出した。共同出荷の場合は規格外だが、個人出荷なので問題ない。「子どもたちには二股の方が喜ばれるんですよ」と笑顔で話す。

 「大阪のてっぺん」と呼ばれる、大阪府最北部の能勢町。植田さんは週1回、収穫したばかりの野菜4~6種類を「わくわく野菜定期便」(1200円)としてお客さんに届ける。配達は週2回で、延べ約80件。新規申し込みはキャンセル待ちの状態だ。

 「誰もが遊びに来られるように」との願いを込めて「べじたぶるぱーく」と名付け、農園を経営。取れたての…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです