メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重・増田神社

「伊勢大神楽」奉納 獅子舞や曲芸披露

おいらん姿の獅子が優雅に舞う「伊勢大神楽」=三重県桑名市の増田神社で2017年12月24日、兵藤公治撮影

 国の重要無形民俗文化財「伊勢大(だい)神楽(かぐら)」が24日、三重県桑名市太夫の増田神社で奉納された。日ごろ各地を旅する神楽師たちが獅子舞や曲芸を演じ、観衆を魅了した。

 近世、神楽師が各地で伊勢神宮を参拝できない人に舞を披露しながらお札を配ったのが始まりとされる。現在も伊勢大神楽講社(山本源太夫…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです