地方議員

車いす議員わずか7人 障害者進出、限定的

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

47都道府県議会と20政令市議会 総定数の0.2%

 全国47都道府県議会と20政令市議会で、障害を持ち活動する地方議員について毎日新聞が調べたところ、車椅子利用者は7人、視覚障害者は1人と判明した。計67議会の総定数に占める割合は約0.2%にとどまる。障害者の議員数に関しては公的なデータがなく、他に内部障害のある議員などがいることも想定されるが、障害者の議会進出が極めて限定的となっている実態がうかがえる。

 都道府県議会(総定数2687)と政令市議会(1183)の各議会事務局や議員に取材し、車椅子を利用する肢体不自由者らのほか、点字資料の提供や手話通訳の配置など議会が一定の対応をしている議員について12月1日現在で集計した。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1299文字)

あわせて読みたい

注目の特集