メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆72年後のおかえり 供養塔の遺骨1柱

自宅跡近くの原爆供養塔で脩さんの遺骨を受け取った久さん(中央)と大木久美子さん(右前)ら親族=広島市中区で、大木久美子さん提供

 広島原爆の犠牲者で、平和記念公園(広島市中区)の原爆供養塔に安置されて名前が分かりながら遺族が判明していない遺骨815柱のうち1柱が、72年ぶりに家族の下に戻った。遺族が特定されたのは7年ぶり。きっかけは、昨年公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」だった。

 戻ったのは、爆心地近くの旧中島本町の自宅で写真館を営んでいた高橋脩(おさむ)さん(当時43歳)の遺骨。

 1945年8月6日、市外の海軍兵学校で原爆の閃光(せんこう)を見た当時16歳の長男久さん(88)=…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1031文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです