メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第4章<10> それぞれの心の収め方

高知学芸高校1年D組の教室で亡き級友の机に花束と遺影を飾る生徒ら=1988年4月9日午前7時50分

 1989年2月22日付毎日新聞夕刊に「上海列車事故 遺族11人が賠償提訴」という見出しの記事が掲載された。

 「亡くなった生徒27人のうち、6人の遺族11人が22日、『学校が十分な事前調査をしていれば、事故は避けられた』と、学校法人・高知学芸高校(入交太二郎理事長)と佐野正太郎校長(68)を相手取り、総額約2億5300万円の損害賠償請求訴訟を高知地裁に起こした」

 記事には佐野の言葉も添えられている。「事故でかけがえのない子たちを亡くしているので、私が何かを言っ…

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文1960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです