メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

陸上 ひらまつ病院、初のニューイヤー駅伝 医の心たすきに込め 「故障を防ぐリハビリ」浸透

九州実業団毎日駅伝で8位でフィニッシュし、ニューイヤー初出場を決めたひらまつ病院のアンカー・梶原有高=森園道子撮影

 来年元日に群馬県で開かれる「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(毎日新聞社など共催)に、ひらまつ病院(佐賀県小城市)が初出場する。多くの選手が病院や介護施設でフルタイム勤務する中、医療機関チームの特徴を生かした取り組みで悲願を達成した。【角田直哉】

 ひらまつ病院は小城市にあり、「スポーツを通じて地域貢献を」という考えのもと、野球などの部活動も盛んだ。陸上部は2010年に創部。14年にニューイヤー駅伝の予選となる九州実業団毎日駅伝に初出場すると、4度目の挑戦で元日の切符をつかみとった。

 就任6年目の中島泰伸監督(43)は「たくさんの人にサポートしてもらった。うれしいというより、ホッと…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです