メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

清瀧千晴さん 表現の根本は同じ バレエ公演前にチェロ披露

チェロを弾いた清瀧千晴さん。右は三宅里奈さん=写真家・讃井泰雄さん撮影

 牧阿佐美バレエ団の11月公演「躍動」(東京・よみうり大手町ホール)で、看板ダンサーの清瀧千晴さんが自身の出番前に伴奏者としてチェロを弾いてみせ、話題を呼んだ。読売日本交響楽団のバイオリニストを父にもち、10代半ばまではチェロとピアノも学んでいた本格派。演奏会用ホールでの小品集上演という同団初の試みにあたり、「隠し芸」のような楽才を披露することになった。

 作品は、サン・サーンス「動物の謝肉祭」よりチェロの名曲として知られる「白鳥」。衣装を着けて舞台端で…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです