メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

清瀧千晴さん 表現の根本は同じ バレエ公演前にチェロ披露

チェロを弾いた清瀧千晴さん。右は三宅里奈さん=写真家・讃井泰雄さん撮影

 牧阿佐美バレエ団の11月公演「躍動」(東京・よみうり大手町ホール)で、看板ダンサーの清瀧千晴さんが自身の出番前に伴奏者としてチェロを弾いてみせ、話題を呼んだ。読売日本交響楽団のバイオリニストを父にもち、10代半ばまではチェロとピアノも学んでいた本格派。演奏会用ホールでの小品集上演という同団初の試みにあたり、「隠し芸」のような楽才を披露することになった。

 作品は、サン・サーンス「動物の謝肉祭」よりチェロの名曲として知られる「白鳥」。衣装を着けて舞台端で…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文778文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]