メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エルスール財団新人賞

鈴木一平さんらに 詩、ダンスで活躍

第6回エルスール財団新人賞を受賞した(右から)鈴木一平、小暮香帆、中原潤の各氏

 「現代詩」「コンテンポラリー・ダンス」「フラメンコ」の三つのジャンルでその年に最も活躍した新人を顕彰する「エルスール財団新人賞」の授賞式が17日、今春オープンした「エルスール財団記念館 詩とダンスのミュージアム」(東京都世田谷区)で開かれ、鈴木一平さん、小暮香帆さん、中原潤さんがそれぞれ表彰された。

 鈴木さんは1991年生まれ。詩の制作のほか「いぬのせなか座」でのパフォーマンスや朗読なども行う。昨年、第1詩集『灰と家』を刊行した。小暮さんは89年生まれのダンサー、振付家。2012年からソロ活動を始め、「遥(はる)かエリチェ」「ミモザ」を上演するなど国内外で活躍中。中原さんは93年生まれ。19歳でスペインに渡り、世界的なダンサーのドミンゴ・オルテガらに師事。帰国後、男性フラメンコダンサーとして…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです