メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 処理加速化事業、予算3億円減へ 政府・来年度 /宮城

 政府が22日、閣議決定した2018年度予算案で、東京電力福島第1原発事故で汚染された農林業系廃棄物の「処理加速化事業費」が今年度より3億円少ない39億円計上された。環境省によると、国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物処理について、県が全圏域での一斉焼却から圏域ごとに方針を変更したことや、登米圏域(登米市)な…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです