メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島市

負荷試験実施せず 15施設の非常用自家発電 /福島

 福島市は25日、災害時の非常用自家発電設備について、消防法が義務づける負荷試験を市役所本庁舎など15施設で一度も実施していなかったと発表した。確認作業が不徹底だったといい、市は今年度内にも試験を始める。

 自家発電設備は停電時にスプリンクラーや消火栓ポンプを稼働させ、延べ床面積1000平方メートル以上で不特定多数の人が出入りする施設で設置が必要になる。全…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 黒川氏訓告 法務省は自衛隊処分例「把握」 森法相答弁と食い違い

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 夏の味覚・クロマグロ「脂が乗り刺し身がお勧め」 鳥取・境港で今年初の水揚げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです