メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島市

負荷試験実施せず 15施設の非常用自家発電 /福島

 福島市は25日、災害時の非常用自家発電設備について、消防法が義務づける負荷試験を市役所本庁舎など15施設で一度も実施していなかったと発表した。確認作業が不徹底だったといい、市は今年度内にも試験を始める。

 自家発電設備は停電時にスプリンクラーや消火栓ポンプを稼働させ、延べ床面積1000平方メートル以上で不特定多数の人が出入りする施設で設置が必要になる。全…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです