公開講座

地球に生き続けるために 関野・武蔵野美術大教授、各分野の専門家招き 三鷹 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
対談する小泉武夫さん(左)と関野吉晴さん=三鷹市で
対談する小泉武夫さん(左)と関野吉晴さん=三鷹市で

 探険家で武蔵野美術大学教授の関野吉晴さん(68)が「地球永住計画」と銘打つ公開講座を同大三鷹ルーム(三鷹市中町1)で展開している。持続可能な暮らしや社会の実現に向け、市民が学び、つながるためのプロジェクトだ。【明珍美紀】

 「地球に磁場があるおかげで、大気や海、生命が守られてきた。上空を取り巻くオゾン層は太陽からの紫外線を遮り、吸収してくれる。地球は生き物にとって奇跡のような星」と関野さん。環境の悪化が叫ばれるなかで「地球に生き続けるにはどうすればいいか」という課題に向き合い、自然と宇宙とのつながりを再認識するため公開講座…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

あわせて読みたい

ニュース特集