メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

助産院の窓

/4 ベビーマッサージ 視界に入って「バー」 定年後のベテランも力に /島根

山本喜久子さん(奥中央)の指導で子どもたちにオイルマッサージをする母親たち=島根県吉賀町六日市の町子育て支援サロンで、横井信洋撮影

 「赤ちゃん指 ころころ ピ」

 吉賀町六日市の町子育て支援サロンで11月15日午後、童歌風の音楽に合わせて、母親10人が子どもの足指をさすり、「ピ」に合わせて指先を引っ張った。益田市隅村町の助産師、山本喜久子さん(54)はサロンで2カ月に1回、町の事業でベビーマッサージ教室を開いている。

 足指から腹、背中、手、顔と子どもの全身をオイルマッサージ。母子が向き合う体勢になると、「顔を近づけて赤ちゃんの視界に入るようにして『バー』」と山本さんが声を掛けた。

 マッサージの後は育児に関する質問タイム。肌荒れについて聞いた母親に山本さんは「急に寒くなった。でも…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです