メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/19 海外本格進出、試練も

タイ人技術者(左)にパープルラインの車両の点検を指導する阿部格=タイで10月、浅川大樹撮影

 「海外鉄道プロジェクトに積極的に参画する」。JR東日本は2012年、経営計画で海外進出を宣言した。人口減少で国内鉄道事業の伸びが期待できない中、海外鉄道市場は20年に二十数兆円規模に成長すると見込まれた。「宣言」から5年余、取り組みが本格化しつつある。

 昨年8月にタイにお目見えした、首都バンコク北部のバンスー地区と北西部郊外のバンヤイ地区を結ぶ都市鉄道「パープルライン」では、山手線最新車両と同型のステンレス製列車が走る。JR東が丸紅、東芝と組んで10年間の車両や信号など設備の保守業務を落札した海外第1号案件。タイは従来、車両から運行システム、保守まで提供する独鉄道メーカー、シーメンスの牙城だったが、「日本並みの安全・定時運行を提供する」と訴えて風穴を開けた。

 古い住宅と緑地が点在するバンヤイ地区にあるパープルラインの車両基地。JR東から出向中の車両担当マネ…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです