メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

安倍政権きょう5年 女性活躍、働き方改革… 支持率に腐心、看板次々捻出

総合科学技術・イノベーション会議であいさつする安倍晋三首相(左から2人目)=首相官邸で2017年12月25日、川田雅浩撮影

 2012年末に政権復帰した安倍晋三首相はアベノミクスを掲げて衆参両院の「ねじれ」を解消し、安全保障法制や特定秘密保護法など世論を二分する政策を次々に推進した。一方で内閣支持率が下落すると「目玉政策」を掛け替えて国政選挙につなげる「勝利の方程式」を確立。今後も経済優先を訴えながら憲法改正をうかがう首相だが、長期政権だけに国民の「飽き」も懸念材料で、従来の戦略が奏功するかは不透明だ。【小山由宇、秋山信一、松倉佑輔】

この記事は有料記事です。

残り1876文字(全文2084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  3. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  4. 俳優のデビッド・プラウズさん死去 スター・ウォーズ「ダース・ベイダー」役

  5. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです