メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

日本の石炭火力推進政策 「トランプ追随」でいいのか=五十嵐和大(科学環境部)

COP23の会場前で、日本の石炭火力発電開発などに抗議する各国の環境NGOメンバーら=ドイツ・ボンで2017年11月9日、五十嵐和大撮影

 「なぜ日本はトランプのまねなんかするんだ」。11月6~18日にドイツ・ボンで開かれた国連の気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)の取材中、参加国の出席者らからこんな質問を受けて、返す言葉が見つからなかった。全ての国が地球温暖化対策を進める「パリ協定」から唯一離脱を表明した米トランプ政権と、やっていることは同じだと、日本の安倍政権が批判の的になっているのだ。温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を大量に排出するため、各国が手を引きつつある石炭火力発電所の国内新増設や海外輸出へと進む姿勢がその理由だ。パリ協定の順守や途上国支援を装い、自国産業の保護に走る日本の態度は、石炭産業の保護を図る米国と重なって見える。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです