メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

3人に1人「眠れない」 「みなし仮設」住民調査

 熊本県は25日、熊本地震の被災者用に民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」などで暮らす人を対象に7月に実施した健康調査の結果を明らかにした。地震後に「あまり眠れなくなった」と訴える人が、同時期の県民調査結果(11・9%)の3倍近い33・4%に上るなど、地震が被災者に及ぼした健康被害の実態が浮かんだ。

 調査は、みなし仮設住宅や被災者向けの県営住宅などで暮らす全1万3860世帯を対象に実施し、48・2%にあたる6682世帯(1万2483人)から回収した。県民調査は無作為抽出で、4500人が対象。回収率は47・1%(回答者2121人)だった。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです