メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

3人に1人「眠れない」 「みなし仮設」住民調査

 熊本県は25日、熊本地震の被災者用に民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」などで暮らす人を対象に7月に実施した健康調査の結果を明らかにした。地震後に「あまり眠れなくなった」と訴える人が、同時期の県民調査結果(11・9%)の3倍近い33・4%に上るなど、地震が被災者に及ぼした健康被害の実態が浮かんだ。

 調査は、みなし仮設住宅や被災者向けの県営住宅などで暮らす全1万3860世帯を対象に実施し、48・2%にあたる6682世帯(1万2483人)から回収した。県民調査は無作為抽出で、4500人が対象。回収率は47・1%(回答者2121人)だった。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです