メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全力投球

プロ野球 メジャー挑戦、半端になるな=大野豊

 (カットは直筆)

 大谷翔平が米メジャー・エンゼルスへ行くことになった。日本球界からスターがいなくなって寂しいが、彼の場合は高校卒業時からメジャー挑戦という気持ちが強かったから、祝福して送り出してあげたい。

 大谷にとって、日本ハムに在籍した5年間は有意義だったと思う。高校からいきなりメジャーに挑戦するよりも、日本で二刀流を試せたことで、誰が見ても打つ方も投げる方もさすがという力をつけてきた。その一方で、両方やることによってリスクを伴うことも経験した。苦しんだ右足の故障は、投手だけであればなかったことで、この先も同じようなアクシデントが起こるかもしれない。

 二刀流ということで、注目度はこれまでの日本選手以上に大きい。環境が違う中で、試合で投げる打つではな…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです