メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転

「暴行容疑で立件検討」 警察庁が全国に指示

 道路上で車をあおったり、幅寄せしたりする危険行為をするドライバーについて、警察庁は直接の暴力行為がなくても刑法の暴行容疑での立件を検討するよう全国の警察に指示した。あおり運転に道路交通法ではなく、暴行容疑を適用したケースは非常に少ないとみられることから、警察庁が積極的な捜査を促した形だ。

 警察庁によると、あおり運転を暴行容疑で…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです