メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

多様化するインターンシップ 興味あれば積極参加を

え・葛西りいち

実施企業、年々増加

 今年、就活で大きく変わったのが企業が学生向けに実施しているインターンシップ(就業体験)です。

 経団連は毎年打ち出している「採用選考の指針」の内容を変えました。具体的には、2019年春卒(現在の大学3年)から、説明会などの広報を開始できる解禁日(18年3月1日)以前のインターンシップの期間についての最低日数制限を削除したのです。

 18年春卒(現在の大学4年)以前は、指針の中で最低でも5日以上開催するよう規定されていました。日数…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2081文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです