WWF

メコン川に新種生物115種 16年1年間で発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タイの市場で見つかったニシクイガメ属のカメ=モントリ・スモンサさん撮影、WWFジャパン提供
タイの市場で見つかったニシクイガメ属のカメ=モントリ・スモンサさん撮影、WWFジャパン提供

 環境保護団体「世界自然保護基金」(WWF)は、タイやベトナムなど東南アジアを流れるメコン川流域で、2016年の1年間に115種の新種の生物が発見されたと発表した。1997年の調査開始以来、16年までに見つかった新種は計2524種に上る。

 メコン川は、タイやベトナム、カンボジアなど6カ国を流れる東南アジア最長の川。流域には多様な生物が生息しているが、経済発展に伴う環境破壊も進んでいるため、…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集