メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャンブル依存症対策

馬券のネット購入、家族申告で制限

 政府は25日、ギャンブル依存症対策の一環として、患者の家族から申告があれば本人の同意がなくてもサービス提供を制限するよう公営ギャンブルの事業者に要請する方針を決めた。日本中央競馬会(JRA)は今月28日から、家族の申告を受けて馬券のインターネット販売を停止する措置を開始する。

     首相官邸で25日開いたギャンブル依存症対策の関係省庁会議で申し合わせた。政府は来年の通常国会にカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の提出を目指しており、ギャンブル依存症対策を強化することで、法案に理解を得る狙い。政府はカジノ事業者に対しても、家族申告によるサービス制限を求める方針だ。

     JRAによると、家族申請で馬券のネット販売が停止されるのは医師からギャンブル依存症と診断を受けた人や、経済力に見合わない高額な購入をしている人。本人と同居する親族が申請書類を提出し、JRAが対象者に該当すると判断した場合、会員登録によるネットでの馬券販売が停止される。

     同様のサービス制限は、来年4月から地方競馬や競輪、競艇、オートレースのネット販売でも実施される。また来秋からは、家族の申告で競馬・競輪場、場外チケット売り場に本人の入場を制限する制限拡大も目指す。【松倉佑輔】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
    2. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す
    3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    4. ORICON NEWS 『相棒』異例づくしの始動 水谷豊と4年目の反町&3人目の浅利「何が起きるか予測不能」
    5. 夏の高校野球 秋田ゆかりの著名人 金足農祝福 佐々木希「かっこよがった」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです