メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グアテマラ

大使館、エルサレムに移転 米政権へ配慮か

 【サンパウロ山本太一】中米グアテマラのモラレス大統領は24日、イスラエルのテルアビブにある大使館をエルサレムに移転すると発表した。トランプ米大統領が6日にエルサレムをイスラエルの首都と認定して米大使館の移転を表明して以降、同様の動きは初めて。移転理由は明らかになっていないが、トランプ米政権への配慮とみられる。

     モラレス氏はフェイスブックで、24日にイスラエルのネタニヤフ首相と会談した後、外務省に大使館移転を指示したと明らかにした。

     21日の国連総会では「エルサレムはイスラエルの首都」というトランプ政権の認定撤回を求める決議案が、128カ国の賛成によって採択されたが、グアテマラは米国やイスラエルなどとともに反対した9カ国の一つ。トランプ政権は採決前、賛成した国への支援の打ち切りを示唆していた。グアテマラは米国から経済支援を受けている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
    2. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
    3. ORICON NEWS 木村拓哉&工藤静香の次女・Kokiがモデルデビュー 『ELLE JAPON』表紙飾る
    4. 東京駅 「銀の鈴」50周年 歴代の鈴が一堂に
    5. 森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]