BOROさん

歌で京大iPSを支援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ヒット曲「大阪で生まれた女」で知られる歌手のBOROさん(63)=神戸市北区=が、ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥・京都大教授が所長を務める京大iPS細胞研究所を支援する歌「しあわせのおくりもの」を作った。長年、難病患者の支援などを続けており、「歌を通し、患者や研究者に少しでも関心を持ってくれたらうれしい」と願う。

 BOROさんは1991年、兵庫県伊丹市で偶然乗り合わせたタクシー運転手に「難病の娘のために歌を作ってほしい」と頼まれ、筋ジストロフィーの少女のために応援ソングを制作。治療研究のための基金を設立し、計1000万円を国に寄付してきた。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集