造園業者石綿労災

蛇紋岩の健康被害、実態調査を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 蛇紋岩に含まれる石綿で肺がんになったとして、埼玉県の男性(71)が労災認定された。石綿を吸い込んだ場合、数十年の潜伏期間を経て中皮腫や肺がんになる危険性がある。中皮腫の原因は石綿とほぼ特定できるため、診断の段階で労災や石綿健康被害救済法が適用されやすい。

 肺がんは喫煙など他の要因も考えられるため、患者や主治医が石綿が原因と疑わない場合も多く、中皮腫の2倍の患者がいるとの研究結果も…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集