メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

田中「記憶に残る演技を」 平昌代表決定

平昌五輪代表に選ばれ、リンクに並ぶ(左から)アイスダンスの村元哉中、クリス・リード組、坂本花織、宮原知子、宇野昌磨、田中刑事、ペアの須崎海羽、木原龍一組=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで2017年12月24日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日に閉幕し、同日夜に平昌五輪の代表が決まった。25日には全日本を欠場した羽生結弦(ANA)を除く8人が報道陣の取材に応じ、五輪に向けた意気込みや課題を語った。

 男子(代表枠3)は昨季世界選手権2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、昨季世界選手権優勝で五輪連覇を狙う羽生の顔ぶれ。羽生と宇野は世界トップの実力と実績があり、そろって表彰台に立つことも可能だ。

 宇野は来年1月下旬の4大陸選手権(台北)を経て、平昌に乗り込む。なかなか完璧な演技ができないフリー…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文898文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです