メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/12止 川辺久造 仲間との共感を客席に

インタビューに答える川辺久造=渡部直樹撮影

 <早稲田大学在学中の1953年、舞台演技研究生として入った川辺久造。64年にわたり劇団の歴史を見つめてきた>

 「欲望という名の電車」(テネシー・ウィリアムズ作)の初演を見に行ったら、パンフレットのはじっこに研究生募集ってのが出ていた。民芸とか俳優座もあったけど、文学座が合ってるんじゃないかって早稲田の仲間から言われて、受けました。研究所があったわけではなく、カリキュラムを組んでいろいろ面倒みてくれたのが神山繁さんでした。

 <「なよたけ」で知られる加藤道夫の講義も受けた>

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  5. 中国「感染力は強まっている」 武漢からの観光客の感染確認、4例目 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです