メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

「たいめいけん」シェフ・茂出木浩司さん 祖父の味、日本橋の意地

 東京・日本橋の洋食店「たいめいけん」の3代目です。昭和6(1931)年に祖父、茂出木心護(しんご)が同じ中央区の新川で開業し、戦後、ここに移ってきました。創業86年になります。老舗なんてよく言われますが、日本橋かいわいじゃ、まだまだひよっこ。なにせ江戸時代創業の老舗がたくさんありますから。

 築地にある幼稚園に通っていましたので、今も河岸の友だちが多いんです。小学生の頃は三越や高島屋、日本銀行本店あたりは僕らの庭同然の場所でした。学校から帰るとデパートの屋上にある遊園地へ走っていく。観覧車もあったんじゃなかったかなあ。洋食店のせがれですが、デパートでお子様ランチを食べるのが楽しくて。プレートにキューブ形のゼリーがのっていたり、ドライアイスで煙がでてきたり……。夢がありました。うちの厨房(ちゅうぼう)も格好の遊び場、割り箸でゴム鉄砲を作ってね。

 坊ちゃん育ちで、学業はお恥ずかしい限り、学生時代はもっぱらサーフィンでした。でも小学生の頃から祖父…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1794文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]