メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南阿蘇鉄道

復旧に20億円 新制度初適用 国が費用97.5%負担 /熊本

 南阿蘇村の吉良清一村長は26日、熊本地震で被災して全線の6割の区間で運休が続く第三セクター「南阿蘇鉄道」(本社・高森町)について、国が今年度補正予算案と来年度当初予算案に復旧支援として計20億円を計上したことを明らかにした。政府は大規模災害で被災した赤字の鉄道事業者に対し、復旧費の97・5%を国が実質負担する制度を新設。南阿蘇鉄道が初の適用となり、全線復旧に向けて大きく前進した。

 新制度は復旧費のうち国の補助率を4分の1から2分の1にかさ上げ。残る半分の自治体負担分の2分の1に…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  3. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. 世界の雑記帳 トランプ米大統領、暴露本出版の元側近と泥試合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです