メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ迫害やまず(その1) 難民増加の一途「逃げるしかない」

娘を抱くロヒンギャ難民のミヌワラ・ベガムさん=バングラデシュ南東部コックスバザール郊外で

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が隣国バングラデシュで大量に難民化した問題。国際社会からの批判を浴び、ミャンマー政府は掃討作戦終了を宣言したが、難民流入は止まらない。国境を流れるナフ川のバングラ側ほとりで、幼い2人の娘を抱え、途方に暮れたロヒンギャの女性に出会った。【コックスバザールで金子淳】

 「家族5人でボートで上陸した後、弟2人とはぐれてしまって……」。難民流入が続くバングラ南東部コック…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです