メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

夏休みに学校閉庁日 教員の負担軽減へ

 文部科学省は26日、教員の働き方改革を進めるための緊急対策を正式に公表した。教員が有給休暇を取得できるようにするため、夏休みなどに学校閉庁日を一定期間設けるよう促すことや、文科省内の複数の課にまたがっている教職員に関する業務を一元的に管理する部署を新設することなどが盛り込まれた。

 緊急対策は中央教育審議会が22日に提出した中間まとめを受けたもので、教員の負担軽減策を列挙した。夏休みなどの長期休業期間中にも、教員は研修や部活動指導があり、休暇を取得できないとの指摘があり、閉庁日を設けることで、休暇が取りやすい環境を整える。

 文科省の新部署は来年10月の組織再編に合わせて、初等中等教育局の財務課内に新設する。教職員の勤務時間や人員配置など、これまで複数の課が別々に担当してきた業務をまとめる。学校に新たな業務を追加する際は、事前に新部署と調整して重複を防ぐ。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです