みずほFG

AIで融資審査 国内大手銀初、中小企業対象

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じるみずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長=東京都千代田区で
インタビューに応じるみずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長=東京都千代田区で

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、人工知能(AI)を使って企業の返済能力を自動的に審査する中小企業向け新型融資を、2018年中にも始める。企業の日々のお金の流れを分析することで、これまで融資が難しかった企業にも貸出先を広げるのが狙い。実現すれば国内大手銀行では初めて。

 みずほFGの佐藤康博社長が毎日新聞のインタビューで明らかにした。新手法は「スコア・レンディング」と呼ばれ、みずほFGはノウハウを持つ海外企業と提携して導入する。仕入れや販売先との日々のお金のやり取りのデータを分…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集