慰安婦問題

元慰安婦意見、再聴取へ 日韓合意検証「問題点多い」 韓国作業部会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル大貫智子】慰安婦問題に関する2015年の日韓両政府合意に関し、韓国の康京和(カンギョンファ)外相直属の作業部会は27日午後、検証結果の報告書を発表する。これに関連し康氏は26日、韓国メディアとの記者会見で、報告書は「合意が出る前に被害者との意思疎通が相当不足していたという結論」と述べ、問題点の多い合意だと厳しく指摘していると明らかにした。

 韓国政府は報告書発表を受け、元慰安婦らの意見を改めて聴取し、政府として合意の取り扱いを判断する。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文680文字)

あわせて読みたい

注目の特集