連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

河野外相、イスラエル・パレスチナ訪問 日本の中東政策に試練 「エルサレム首都」和平シナリオ崩壊

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【上】イスラエルのネタニヤフ首相(右)と会談する河野外相=エルサレムで、共同【下】同じく会談するパレスチナ自治政府のアッバス議長(右)=ヨルダン川西岸ラマラで、AP、いずれも25日
【上】イスラエルのネタニヤフ首相(右)と会談する河野外相=エルサレムで、共同【下】同じく会談するパレスチナ自治政府のアッバス議長(右)=ヨルダン川西岸ラマラで、AP、いずれも25日

 【エルサレム加藤明子】中東を訪れている河野太郎外相は25日午後(日本時間26日未明)、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長とそれぞれ会談し、両者の協議再開のため、環境整備に尽力する考えを伝えた。また、トランプ米大統領がエルサレムの首都認定を表明した後も、和平協議における米国の役割は重要だと強調。首都認定問題で、日本の中東和平シナリオも崩れたが、支援事業を継続し和平機運が醸成されるのを待ちたい考えだ。

 「日本らしいやり方で和平の実現に一層貢献すべきだと信じている。日本はこれからもパレスチナの真の友人として、この地に平和と希望の種をまき続け、皆さんと育てていきたい」。河野氏は26日午前(日本時間同日午後)、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸の「エリコ農産加工団地(JAIP)」の第2期区画整理の着工を祝う除幕式に出席。第1期区画(11・5ヘクタール)の隣接地50ヘクタールを造成し雇用を増やす計画や難民…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1994文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集