メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴木秀美氏

 NHKの受信料制度に最高裁が今月、「合憲」との判断を初めて示した。NHKの受信料徴収に司法が「お墨付き」を与えた形だ。テレビがあるのに受信契約や受信料支払いを拒む人は、裁判で勝つ見込みがほぼなくなった。判決をどう考えればいいのか。また、NHKは「公共放送」として、どのようなメディアを目指すべきか。

報道機関として重い責任 鈴木秀美・慶応大教授

 NHKの受信料制度について最高裁大法廷が正面から初めて合憲と認めたこと自体の意味は大きく、NHKからすると、受信料の徴収に「お墨付き」をもらった形となった。だが、下級審に続いて最高裁判決でも合憲判断が出るだろうとの見方が強かった中、私自身はその理由づけに注目していた。

 最高裁判決は、受信料を財源とする「公共放送」のNHKと、広告収入を財源とする民放の「二元体制」の成…

この記事は有料記事です。

残り4201文字(全文4558文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです