メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論点

NHK受信料

鈴木秀美氏

 NHKの受信料制度に最高裁が今月、「合憲」との判断を初めて示した。NHKの受信料徴収に司法が「お墨付き」を与えた形だ。テレビがあるのに受信契約や受信料支払いを拒む人は、裁判で勝つ見込みがほぼなくなった。判決をどう考えればいいのか。また、NHKは「公共放送」として、どのようなメディアを目指すべきか。

報道機関として重い責任 鈴木秀美・慶応大教授

 NHKの受信料制度について最高裁大法廷が正面から初めて合憲と認めたこと自体の意味は大きく、NHKからすると、受信料の徴収に「お墨付き」をもらった形となった。だが、下級審に続いて最高裁判決でも合憲判断が出るだろうとの見方が強かった中、私自身はその理由づけに注目していた。

 最高裁判決は、受信料を財源とする「公共放送」のNHKと、広告収入を財源とする民放の「二元体制」の成…

この記事は有料記事です。

残り4201文字(全文4558文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです