メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

杉原リスト「世界の記憶」落選 「命のビザ」に国際的視点を=田中洋之(東京学芸部)

杉原千畝=岐阜県八百津町提供

 第二次世界大戦中にナチスの迫害を受けたユダヤ難民を「命のビザ」で救った外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の関係資料「杉原リスト」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されなかった。10月末の決定に関係者の間には落胆が広がる。だが、千畝の行為を物語る資料は記憶遺産として記録・保存する価値があり、登録実現への道を模索してほしい。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2029文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです