メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

杉原リスト「世界の記憶」落選 「命のビザ」に国際的視点を=田中洋之(東京学芸部)

杉原千畝=岐阜県八百津町提供

 第二次世界大戦中にナチスの迫害を受けたユダヤ難民を「命のビザ」で救った外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の関係資料「杉原リスト」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されなかった。10月末の決定に関係者の間には落胆が広がる。だが、千畝の行為を物語る資料は記憶遺産として記録・保存する価値があり、登録実現への道を模索してほしい。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです