メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
VXの女たち・正男暗殺

法廷編 長期化の可能性も

今年最後の公判を終えた被告のフオン(右下)とアイシャ(左上)=クアラルンプール郊外のシャー・アラムで11月30日

 11月30日午後3時40分、今年最後の公判を終えた被告のドアン・ティ・フオンとシティ・アイシャは裁判所庁舎の正面玄関から、武装した警察官に警護されて出てきた。終始うつむいた様子で表情は確認できない。

 フオンとアイシャには初公判(10月2日)で起訴内容の認否で証言台に立って以降、発言の機会はなかった。2人は法廷内で広さ2畳ほどの囲いの中に並んで座り、担当通訳に耳を傾ける。公判は現場検証なども含め、これまで計23日間開かれた。空港の職員や救急医、毒物学者、警察官、防犯カメラ映像の分析者など20人以上が証言台…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです