メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

エルサレム「首都」認定 臼杵陽・日本女子大教授、江崎智絵・防衛大准教授の話

 トランプ米政権の「エルサレム首都認定」が中東情勢に与えている影響などについて、2人の識者に聞いた。【聞き手・松井聡】

国内の支持固めに利用 臼杵陽氏 日本女子大教授(中東政治)

 トランプ米政権のエルサレム首都認定は、政権の支持率が低迷する中で、キリスト教右派である福音派の支持層を固めるための決断だったと見ている。福音派は長年、エルサレムの首都認定を求めてきたからだ。だがこの決定により、米国が中東和平の仲介役を担うことが難しくなったばかりか、今後中東での存在感も大きく失うことにつながるだろう。

 福音派はキリスト教を絶対視する保守的な宗派で、根本的にはユダヤ教とは相いれない。しかし、分かりやすく言うと、福音派の信者は、ユダヤ教の聖地であるエルサレムにキリストが再臨し、最終的にキリスト教徒のものになるという教えを信じている。つまり、エルサレムをユダヤ教国であるイスラエルの首都と認定することは、エルサレムがキリスト教のものになるための必要不可欠な過程だと捉えているのだ。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです