メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1人暮らしのお年寄りに、おみそ汁やスープの汁物を作って届けている人がいる。具合の悪いときに食べたいものは汁物だって、自分が病気をしたときに気がついたんじゃと。

 おなかが弱っているときも、汁気があるものをミキサーにかけてスープにすれば食べられる。赤ちゃんの離乳食のようにね。生まれた時も年とってからも、人は汁物に始まり、汁物で人生を終える。それしか食べられない時に作ってくれる人がいたら、喜ばれるじゃろうねえ。

 「自分が汁物差し入れてもらってうれしかったから、人にもと思って始めたの」と。「けの汁が食べたいって…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文634文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]