メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1人暮らしのお年寄りに、おみそ汁やスープの汁物を作って届けている人がいる。具合の悪いときに食べたいものは汁物だって、自分が病気をしたときに気がついたんじゃと。

 おなかが弱っているときも、汁気があるものをミキサーにかけてスープにすれば食べられる。赤ちゃんの離乳食のようにね。生まれた時も年とってからも、人は汁物に始まり、汁物で人生を終える。それしか食べられない時に作ってくれる人がいたら、喜ばれるじゃろうねえ。

 「自分が汁物差し入れてもらってうれしかったから、人にもと思って始めたの」と。「けの汁が食べたいって…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文634文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. シバザクラ 鮮やか、春色じゅうたん 高松で見ごろ /香川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]