メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 受け止めれば救える NPO法人「東京フレンズ」理事長・西隈亜紀さん

 10代、20代は悩み多き年代なのに支援の仕組みが抜け落ちていると感じ、東京都内で心のケアが必要な若者向けのグループホーム「キキ」を運営している。親からの虐待や家庭内暴力など背景はさまざまだが、ほとんど全員が「死にたい」と話したことがある。

 衝動的に自殺する恐れはあるが、本当に死にたいわけではない。「死ぬほど苦しい」というSOSだ。「死にたい」は「生きたい」と同じ意味。きちんと受け止めてあげれば、自殺させずに救える可能性が高い。

 グループホームでは、安否確認のため毎日、スタッフに顔を見せるか、せめて電話する約束にしている。メー…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文597文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]