メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 受け止めれば救える NPO法人「東京フレンズ」理事長・西隈亜紀さん

 10代、20代は悩み多き年代なのに支援の仕組みが抜け落ちていると感じ、東京都内で心のケアが必要な若者向けのグループホーム「キキ」を運営している。親からの虐待や家庭内暴力など背景はさまざまだが、ほとんど全員が「死にたい」と話したことがある。

 衝動的に自殺する恐れはあるが、本当に死にたいわけではない。「死ぬほど苦しい」というSOSだ。「死にたい」は「生きたい」と同じ意味。きちんと受け止めてあげれば、自殺させずに救える可能性が高い。

 グループホームでは、安否確認のため毎日、スタッフに顔を見せるか、せめて電話する約束にしている。メー…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  2. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです