メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/145 第4章 25=高村薫 多田和博・挿画監修

 野菜の収穫に出た日は、たいがい穫(と)れたての春キャベツやそら豆やロメインレタスを担いで判事のマンションへ行く。ついでに近くで旬のホタルイカやはしりのイサキでも買ってゆけば、昔から料理だけはうまい加納が魚を塩焼きにし、茹(ゆ)でたり炒めたりした山盛りの野菜を並べて、ワインなどを開ける。

 その日は合田のスマホに入っているBBSの『吉祥寺JKを語ろう』と、池袋のガールズバーのスナップ写真一枚が肴(さかな)に加わり、いつもよりちょっと盛り上がる。加納の専門は行政と民事だが、元検事の頭はそれなりに全方位で、BBSの書き込みを一読して、235はやってるな、こいつ--と見抜いてしまう。うん、たぶんな。合田も異論はない。

 ガールズバーのクリスマスパーティーのスナップに写っている朱美の姿は、さらに友人の妄想を掻(か)き立…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文973文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]