メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算案

暮らしの予算 社会保障/生活保護/障害者福祉

自然増圧縮に苦心

 政府が22日閣議決定した2018年度予算案のうち、暮らしにかかわる項目を改めて解説する。

 ◆社会保障

薬価下げ、自己負担増

 18年度予算案で、高齢化などによる社会保障費の自然増は4997億円となり、概算要求段階の約6300億円から約1300億円圧縮した。政府は財政健全化のため16~18年度の自然増を計1兆5000億円、各年度で5000億円に抑える方針を打ち出し、最終年となる18年度は診療報酬のうち薬価部分の大幅な引き下げなどによって達成した。

 18年度は2年に1回の診療報酬改定と、3年に1回の介護、障害福祉サービスの報酬改定があり、6年に1…

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2202文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]