メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

時間かけて理解 障害者施設の職員・川西さくらさん(37)

 「ちょっとホコリっぽいですけど……」。障害を持つ人の就労を支援している「ねむのき福祉センター」(北海道旭川市)。案内してくれた作業部屋では、古着を仕分けて裁断し、清掃用にリサイクルする作業が進められていた。別の一角では、細い青竹を使った正月飾り作りの真っ最中。利用者に付き添って作業のコツを伝えるのが、彼女の仕事だ。

 慣れるまで時間がかかる人もいるが、ミスがなくなるなど、ちょっとしたことでも「いいね」と声をかけることを心掛ける。ベテランになると、他の人が計量器で2キロ量ったはずの束が数十グラム足りないことに気付いて教えてくれることも。「職人さんレベルです」と信頼を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです