メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

年明け、調整会議 森会長と会談 小池知事、歩み寄る

会談する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(左)と小池百合子東京都知事=26日午後(代表撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と東京都の小池百合子知事が26日、東京都内で会談して、組織委、都、国などのトップによる「調整会議」を年明けに開催することで一致した。調整会議の役割を批判していた小池氏が歩み寄ったことになり、森会長は会談後「極めて和やかに前進できた」と語った。

 2人の会談は昨年8月の小池氏の就任あいさつ以来。小池氏が東京・虎ノ門の組織委オフィスを訪問した…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです