メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

手描きの「虹の村」 取り壊し阻止に描画→観光地に

鮮やかな色彩で動物や人などが描かれた「虹の村」=台湾中部・台中市で2017年12月18日午後0時47分、福岡静哉撮影

 【台中(台湾中部)福岡静哉】台中市に「虹の村」と呼ばれる小さな集落がある。住人の黄永阜(こう・えいふ)さん(94)が家の壁や屋根、道路まであらゆる場所にカラフルな絵を描いた。世界各地から観光客が集まり台湾有数の穴場スポットになっている。

 11戸からなる虹の村は中国語で「彩虹眷村(さいこうけんそん)」。眷村とは、中国大陸で共産党との内戦に敗れた国民党の蒋介石が1949年に台湾に逃れてきた時に共に台湾に渡った軍人ら…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです